«

»

9月 01 2009

ここ9ヶ月の振り返り

せっかくブログを書いておきながら(たいして書いてないが)、読み返すということをほとんどやっていなかった。今日から9月、今年に入ってもう8ヶ月は終了したわけだが、その間何をやっていたのか。毎日を必死に過ごしているから、正直あまり覚えていない。だからこそのブログなのだが…(話が元に戻っているな)。

脱線するが、そもそもはギターの練習を毎日ダラダラとやっているからいけないのだ。今後は練習メニューや時間を決めて、計画的に過ごそう。

閑話休題。

ブログやスケジュール帳を見直して、ここまでを振り返ってみる。

1月
自在塾オフ会、武屋食堂が安くてみな驚く。一ノ蔵が置いてなかったのが残念。万年筆の話で盛り上がる。この日は高橋さんがけっこう疲れていたような気がした。これからは我々が高橋さんに元気をお返ししますよ!
2月
大学の同窓会。懐かしい面々と久々に対面。親友T平に恋のチャンス到来。
座小田諒一グループのライブに一人で参加(寂しい…)、ギターのGregから刺激を受け、親指ピッキングの練習開始。そういやまだ半年くらいしかやってないんだな。
MR.BIG再結成の発表に感激。
Kさんから借りているGRETSCH GB6120、トーンポッドが壊れていたので修理。フルアコの電気系の修理がいかに大変かを学ぶ。
3月
ガットギターを購入し、ボサノヴァの練習開始。そういえば最近イパネマと黒いオルフェしか弾いてないな。レパートリー増やしたい。
父がカミさんへMoet Grand Vintageを買ってくれたのでご相伴にあずかる。普通のMoetとは天と地ほどの差。とんでもなく美味い。
三越で開催されていたサロン・ド・ショコラへ。一日で一万円近くもチョコに費やしてしまう。当然美味かったが、背伸びしすぎだな。
Duas Contasの仙台ZAライブへ。Izauraさん、ガロートさんの奏でる音があまりの気持ちよく、カミさんと二人で調子に乗ってワインを空けすぎてしまう。店の売り上げにだいぶ貢献したな。
4月
杉本篤彦さんのライブに参加。ギター1本だけで、何とも言えない独特の郷愁感、独特の世界を作り上げていた…。打ち上げでもいろいろとお話をしていただき、大変感銘を受ける。ジャズの根幹にはブルースの精神!お店にたまたまいらっしゃった吉田ユーシンさんと杉本さんの偶発的セッションは一生の思い出。これぞジャズ!これぞミュージシャン!リラクシンのマスターやさとやんさん、Mckkeyさんともお話できて感激の一夜。
同級生A山君、後輩のA川君が相次いで結婚。めでたい春。
5月
久々にEva Cassidyの歌をYouTubeで聴き、感激してCDを購入。でもCDはあまりよくなかった…。
ゴールデンウィークは酒田・庄内方面へ旅行。相馬樓で舞妓さんや竹久夢二の作品を見たり、土門拳記念館やアル・ケッチャーノへ行ったり。ぶらりと行ったわりにとても楽しいコースで、オススメ。
近くの公園で焼肉パーティーを敢行。酔っ払いの弾き語りで盛り上がる。
安カ川大樹Trioライブ。音量のバランスがかなり悪かったのが残念だが、演奏は凄まじかった。なかでも、大坂昌彦さんのドラミングは、友人のドラマー全員に見せたかった。
6月
結婚記念日前日に庄むらで鳥鍋。美味。その後入ったワインバーはひどかった。もう行かない。
MR.BIG仙台公演をZepp仙台で堪能。懐かしさに涙ぐむ。4人のあまりの達人っぷりに負けん気がムラムラと沸き立つ。
組合の抽選で当たった楽天観戦、2回を終わって10点以上の差をつけられ、5回で限界に達し帰ってくる。応援マナーやスポーツマンシップについても考えさせられた一日。
仙台ジャズプロムナード、ジャーマンフェストで連日飲み続け。
2人のTさんとジャズボーカル的な出会い。
iPhone 3GからiPhone 3GSに機種変更し、パフォーマンスの違いに感激。
わが社の業績は過去最高だったのに、グループ連結利益が減ったためボーナス大幅減でがっかり。
念願のETCが届く。やはり連休前に欲しかった。
7月
平曲と蛍の夕べで20年近くぶりにたくさんの蛍を目にする。こういう素晴らしいイベントを大切につづけている関係各位に頭が下がる思い。
山形蔵王方面へ小旅行。偶然入ったAnton’s Cafe、何を食べても美味しかった。源七露天の湯の強烈な酸性のお湯にも感激。雨が降らなければもっとゆっくりできたのに。次回はより酸の強い大露天風呂にも行ってみたい。
GOCCOセッションへ参加し、懐かしい先輩ミュージシャンたちにお会いしたり、たくさんの新たな出会いがあったり。ちょっと自信もついた。
仙台ZAでドラムへ千葉さんのライブを見に行く。ライブも素晴らしかったし、いろいろとアドバイスもいただいた。感謝。
定禅寺ジャズフェスバンドミーティングでも多くのジャズミュージシャンとお会いして刺激を受ける。
親友Mがとうとう結婚することになった。実にめでたい。
8月
お盆は実家の庭でバーベキューをして盛り上がる。一家全員が集い、オヤジがとても喜んでいた。やっとひとつ親孝行ができたかな。
中学の同窓会で10年以上ぶりの友人たちと深夜まで酒を酌み交わす。あ、写真送らなきゃ。誰かの焼けぼっくいに火がついたりしないかと期待したが、全然そんなことはなかったような。女性がみんな綺麗になっていた。
宮之上師匠の「ウェス・モンゴメリー奏法」がDVDで再発売。即購入し、現在も練習中。
Tardinhaライブでボサノバミュージシャンのみなさんの巧さに舌を巻き、リズムや押弦の基礎から再修業することを決意。道は遠いがゆっくり楽しんで行こう。

相変わらず、仕事をしてギター練習してちょこちょこライブに行っての毎日だが、ここ数年では突出してたくさんの出会いがあった。これを大切にして、今後はちょっとずつ、自分も他人を刺激できるような存在になっていきたいものである。

ギターはおかげさまで計画した以上に上達しているのだが、当然まだまだやるべきことはあるし、毎日課題はたくさんみつかってしまう。焦らず計画的にやること。

英語の勉強は完全に停滞。あと半年か一年はこのままギターに注力するが、その後再開予定。情報処理の勉強も再開したい。ITILなんかも勉強しようかな。

1月の万年筆話以降、万年筆を日常的に使うようになった。今週から、土日はたとえ30分ずつでもペン習字の練習をしてみようかと思う。

気力が充実しているせいか、仕事の面でもようやく自分のやりたいこと、自分の仕事のやり方がはっきり見えてきた感触がある。職場の方々もこのブログを見ているので、これ以上はやめておくが…。

さて、こうしてみると、意外と「自分史」なんてのは役に立つのかもしれない。「自分史」なんて大仰な言葉からして、ナルシスティックな響きがあって毛嫌いしていたが、自分が何をやってきたかを俯瞰することで、これからどうやっていったらよいかが見えてきそうな気がする。

次は年末にまた振り返りをやろう。

2 pings

  1. 伊達漢.com » 新年のご挨拶と昨年の振り返り

    […] 8月までは「ここ9ヶ月の振り返り」というエントリで振り返っていたので、ここではそれ以降の4ヶ月について。「9ヶ月の」というわりに8ヶ月分だったのもなんだかな。 […]

  2. 新年のご挨拶と昨年の振り返り » 伊達漢.com

    […] 8月までは「ここ9ヶ月の振り返り」というエントリで振り返っていたので、ここではそれ以降の4ヶ月について。「9ヶ月の」というわりに8ヶ月分だったのもなんだかな。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>