«

»

12月 07 2009

Setlist: Satoshi & 春が好き@八木山翠風苑

八木山翠風苑

1st Stage

  1. Autumn Leaves
  2. All Of Me
  3. Bewitched
  4. Garota De Ipanema
  5. Misty
  6. Get Out And Get Under The Moon(月光値千金)

2nd Stage

  1. That Old Feeling
  2. Willow Weep For Me
  3. 水戸黄門のテーマ
  4. Come Rain Or Come Shine
  5. 上を向いて歩こう
  6. Tennessee Waltz

八木山の特別養護老人ホーム「翠風苑」さんにて、ヴォーカル高橋さんとともに演奏。

ジャズやボサノバの曲はあまりなじみがないかも、ということで若干心配していたのだが、みなさん手拍子をしてくれたり、リズムをとってくれたりと楽しんでいただけた様子でうれしかった。自分の腕はまだまだ信用できないが、きっと楽曲や楽器の力はもっと信じていいのだろう。

よく知られている曲もやってみようということで準備した「上を向いて歩こう」では、みなさん一緒に合唱してくださったり、マイクをお持ちになって歌っていただいたりして、とても盛り上がった。普段こういう展開はほとんどないので、こちらもテンションがあがってとても楽しく演奏できた。初挑戦のオリジナルアレンジ・ギターソロ版「水戸黄門」も、なんとか弾ききることができた。次は、ギターがもう一人いれば、鬼平犯科帳の「インスピレーション」もやってみたいな。

ライブ後には、聴きにきてくださった方々おひとりおひとりと握手して、お話しもして、胸がいっぱいに。

音楽をやっていてよかったと、心の底から思ったライブになった。

そして、いつかもっといい音楽を紡げるようになって、みなさんにの耳に、心に届けられたらいいなと…

立派な立看板やステージ、専用の控室まで準備していただいて喜んでいたところに、演奏後にはきれいな花束までいただき、感激。所長様はじめスタッフのみなさま、本当にありがとうございました。

7 comments

Skip to comment form

  1. リチャードエドモンズ

    水戸黄門のギターバージョンは聞いて見たいっす

  2. おおむら

    ありがとうございます。
    アレンジも何もない、すごく単純な弾き方なのですが、あの「ダッダダダダッ」のリズムをずっと刻みながらメロディもあわせて弾くのは、禅の修業みたいな感じでけっこう精神力使います…
    ジャズ風に4ビートアレンジも考えたのですが、お年寄りには向かないというか、下手すると水戸黄門だと気付かれないかもしれないのでやめておきました。

  3. tomtom

    すっごーい、立派な看板!

    私も、その水戸黄門、聴いてみた~い!
    鬼平犯科帳も、ぜひいつか!
    ひょっとしたら、「朝の連ドラ」ものも良いかも…。

    春が好きさんからも、お話聞きました!
    凄く有意義な時間を過ごされて、良かったですね…。♪♪♪
    音を楽しむ心がいっぱい溢れていたのではないでしょうか…。

  4. 春が好き

    本当に素晴らしい経験をさせていただきましたね~。
    水戸黄門、面白かったです!
    あの水戸黄門にまつわるコメントもとても良かったです。

     戦後にテネシーをよく聴いたもんだよ、とか
    楽団でマンドリンを演奏していたんだよ、ギターが欲しかったのに店に無くてねー、とか、お年寄りのお話を聞いて、胸が熱くなりました。
      
     沢山沢山、心にいっぱいのお土産を頂いて帰ってきたライブ経験でした。 

    素晴らしい準備や心配りをいただき、所長さん始め、苑のスタッフの方々には本当にお世話になりました。
    また演奏させていただきに行きましょう!

  5. おおむら

    >tomtomさん
    水戸黄門は…4ビートのものは今後やるかもです(笑)
    鬼平のテーマは、ジプシーキングスの曲で、すごく好きな曲なんですよ。
    いつか演奏してみたいです。
    朝の連ドラは…「走らんか」あたりからよくわかりません!時間的に見られないもので…
    コンサート、とても幸せな時間でした。

    >春が好きさん
    それもこれも春が好きさんのおかげです!
    出演交渉から何からすっかりおまかせしてしまいまして、大変助かりました< (__)>
    私も胸が熱くなりました。いまでも思い出すとジーンとします。
    スタッフのみなさまやお年寄りの方々のご負担にならなければ、
    「年に一度のクリスマスコンサート」みたいな感じで、
    定期的にやらせていただきたいですね。

  6. おはよ

    楽器が弾けるのは羨ましく、尊敬に値する。音曲は魂を動かす神事である。ガンバレ

  7. おおむら

    ありがとうございます。
    いつかは魂を動かせるような演奏をしてみたいものです。
    しっかり取り組みます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>