«

»

12月 25 2011

フェルメール展

フェルメール展

あっという間に今年も残すところ1週間を切った。明日のシステム出荷に向けて連日深夜残業のため、ブログの更新も滞りがちだが、それなりに(必死に)人間らしい生活を送ろうと努力している。

開催前から気になっていた宮城県美術館のフェルメール展も、最終日に1時間半程度、なんとか駆け込みで見ることができた。

肝心のフェルメールの作品が3点しかないとはいえ、慌ただしい鑑賞になってしまった。せっかく美術館に行くのであれば、半日から一日、じっくり作品に触れてみたいものなのだが。

期待のフェルメール作品は、期待した以上に色彩や陰影がとても奥深く、グッと心に残るものがあった。絵画について語る言葉を持ち合わせていないのがもどかしいが、40歳すぎたあたりからじっくり勉強すればよいかとのんきに考えている。

それにしても、建物や敷地内の園庭を含め、秋冬の宮城県美術館はとても雰囲気がいい。いっそこの辺に住みたくなってしまうぐらいである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>