1月 26 2015

ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ

「子どもがなかなか片付けしてくれない!」というのは、おそらく古今東西、子を持つ親の常の悩みだろう。

本書はそんな子どもたちに、いかにしてお片付けをしてもらうか、そのコツを実践的に解説している。片付けやすい仕組みをいかに作るか、頑張りすぎずに8割できれば上出来、子どもの立場になって声をかける、といった内容。

子どもだけでなく、親としても「こうやって片付ければ、片付けしやすいよね」という納得の内容だが、至る所に散りばめられた、文末の「(笑)」が鼻につく。と言っても、たしかに親のほうがまともに片付けできていないのに、子どもにばかり求めても、ねぇ(笑)

1月 26 2015

ネイマール: 父の教え、僕の生きかた

昨年ブラジルで開催されたワールドカップでは、惜しくも怪我によって戦線離脱を余儀なくされたネイマール・ジュニア。本書は彼と、父ネイマールが交互に著述する形式で、親子が手を取り合ってサッカーと人生に立ち向かっていく様を綴っている。

自身もサッカー選手でありながら、怪我や事故にさいなまれて選手生活にピリオドを打ち、どんな仕事をしてでも家族のために尽くす父。そんな父への尊敬の想いを力に変え、成長していくジュニアの姿。交互に述懐される二人の言葉に、読んでいるこちらも一喜一憂してしまう。

親子で力をあわせて何かを成し遂げていくことの素晴らしさに感動する一冊。

ネイマール父子には及ばずとも、自分もこんなふうに、絆の強い親子になりたいものである。

1月 05 2015

尊敬する上司の読書術

尊敬する上司の読書術の一端をお聞きしたのでメモ。

  1. 最初から最後まで読もうとしないこと。
  2. 本はきれいに読む必要はない。どんどん書き込みをすること。
  3. 気になった本はすぐに買うこと。店頭には平均2ヶ月しか置いていない。
  4. 本棚はベストセラーから処分すること。いつでも買い直せるので。
  5. 買った本、読んだ本を記録すること。年齢+連番で番号管理。
  6. 読んだ本からメモを取ること。どんな本でも一箇所はメモに値する。

「年齢+連番」というところに感動。読書を身体化しているなぁ、と。

1月 04 2015

2015年は「固」の年に

IMG_4504

喪中につき、おごそかな新年。今年は「固」の年にしようと思います。

これまで「固」という字に、あまりいい意味を感じていませんでしたが、いつまでもどこかフワフワしている自分を鍛え直し、自分を見つめなおす必要があるかなと。

昨年は新天地で、仕事も生活もひたすらに、がむしゃらに走ってきました。

今年はただがむしゃらに、ではなく、自分の技術、専門知識、物事の考え方など、自分がいままでやってきたこと、身につけたこと、自分の持ち味を見直す。失敗は反省し、具体的な改善策を立てて、足場をしっかり固める。自分の生き方のスタイルを確立したいと思います。

さっぱり更新しなくなってしまった当ブログですが、本年はしっかり更新しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

10月 19 2014

Moët & Chandon Grand Vintage 2004

IMG_3995

IMG_4010

結婚式記念日ということで、間違いのないシャンパンを。

いつもありがとう、これからもよろしくね。

10月 19 2014

Cable Bin

Cable Bin

昨年末の話なのでもう半年以上前のことだが、狭い社宅暮らしを始める際に不安だったのが、1歳の娘が電化製品のケーブルを引っ張ったりして、怪我をしたり機械を壊してしまったりすること。

そこで探した挙句見つけたのが、このCable Bin。

電源タップやルーターやら何やらを突っ込んでおくための製品で、ライトがピカピカ光ってうるさい(さらに多くの場合筐体デザインもダサダサの)電子機器の目隠しにもなるし、イタズラ防止にもなる。

発熱する機器を狭い空間に閉じ込めておくことにはなるが、難燃性素材でできているので比較的安心。類似製品と比べて、見た目も工作精度も(値段も)はるかに優れている。

ちなみに我が家の中身はこんな感じ。

Cable Bin

電源タップ、NTTフレッツ光のルータ、Time Capsuleとそれに接続している2.5インチハードディスク、固定電話の本体が入っており、半年以上使用しているが、熱で暴走したり部品やケーブルが溶けたりといったトラブルはまったく発生していない。

1万円以上するので買うのには勇気がいるが、予算が許すのであればオススメしたい一品。

Assist On: Cable Bin

古い記事へ «