4月 02 2016

僕が伝えたかったこと、古川享のパソコン秘史

アスキーマイクロソフト株式会社で大活躍し、日本のコンピューター文化を切り開き、支えた偉人、サムこと古川亨氏の「30年間で200歳分」の波乱の人生をつづった自伝。小学生のころからMSXでプログラミング(の真似事)を行い、アスキー出版の本を毎月購読していた自分として、ぜひ読んでみたいと思って手にとった。

個人的には学生〜アスキー時代の話がとくに印象的で、バイトも社員も、昼も夜も関係なく目的に邁進し、最先端を切り拓いていく。やはりこういう大人物になる方は若いうちから型にはまらず、やりたいことに純粋で、それゆえに先を見通す目も常人とは比較にならないほど鍛えられるのだと感じる。

西和彦氏の「親が死んだ時にもらえる金の半分を計算しろ」というエピソードもすごい。

全部で3000万円だと思ったら、親に1500万円を俺のために投資してくれと言うんだ。「死んだ時の遺産30000万円はいらないから、全部使い切って構わない。その代わり、今1500万円を俺に投資してくれと」と。そして「ジャラジャラした小遣い稼ぎみたいなことは全部やめて、アメリカへ行って1500万円を全部自分で使いきって、それで価値ある男になって帰ってこい。そうしたら金を稼いで親からの借金を返せる男になるから」と。おおー、一理あるなと思った。

私も大学に行くとき(と、中学生でギターをねだったとき)に似たようなことを言ったが、3000万円とか1500万円という規模で物事を語れていなかった。常日頃からスケールの小さい話ばかりしていると、そのあたりの器にしかならないのだなぁと実感してしまった。

マイクロソフト立ち上げからのエピソードもスケールの大きい話が続き、子どものころ、ワクワクドキドキしてパソコンに触れていた頃の感覚を思い出した。

夢が叶ったと言えるかは難しいところだが、自分が就いた仕事は結局コンピュータ関係。あの頃のような純真な気持ちで取り組んでいきたい。

4月 02 2016

一流の人は仕事中に眠くなったらどうするのか?

TaskChuteシゴタノ!でおなじみ、佐々木正悟氏による1冊。

書名のような質問が36問、どれも3択で示され、続く解説の中で正解が示されます。著者の専門である心理学の見地からの解説で、人によっては違う回答が出そうなものもありますが、どれも示唆に富んだ内容です。

設問は、時間のムダをいかに省くか、仕事や生活の質をどうやって向上させるかという内容のものが多いのですが、難解な内容ではなく、気軽に読めて多くの気づきを得られるでしょう。

4月 02 2016

SK11 パイプカッター

家の中で無駄な場所をとっていたハンガーラックやメタルラック。ハードオフに売れるものは売るとして、売れないものを粗大ゴミに捨てるとお金がかかってしまう。

小さくして不燃ゴミの袋に入れてしまえばそのまま捨てられるかなと思い、パイプカッターを購入して切断。ダイソーで300円のパイプカッターがあると聞いて探しまわったのだが見つからず、仕方なくアマゾンで評判のよいものを951円で購入(2016/4/2現在、1,732円に値上がりしていました)。

切断したいパイプにセットして、握り手の黒い部分をクルクル回して刃先をちょっとだけ食い込ませます。

あとはカッター全体をクルクルと回転させるとスッパリ切れます。切れにくい場合は、2-3周させてからさらに刃を食い込ませ、もう2-3周すると切れます。力はあまり必要ありません。

切り口が鋭利で気になる場合は、ゴムテーブなどを貼っておいてもよいかもしれません。

ハンガーラック1台を、写真撮影しながらでも15分で解体できました。

これで不燃ごみの袋に入れて捨てることができます。便利。

他にもいくつか解体するものがあったので、粗大ごみの費用を考えると、あっという間に元が取れた計算です。

4月 02 2016

Kindle Paperwhite 2013(WiFi)

Kindle Paperwhite 2013(Wifi)

Kindle Paperwhiteの2013年WiFiモデルを、1月に中古で入手。まだ4月ですが、間違いなく今年買ったものベスト10に入ると思います。そういや去年も買ってよかったものベスト10とか記事にしようと思って、まったくやれていないのを思い出した…

iPadやiPhoneのKindleアプリは長年利用してきましたが、やはりバックライトなので長時間読んでいると目が痛くなってきます。とくに寝る前に読むと目がチカチカしてなかなか眠れません。Paperwthiteならフロントライト方式なので目に優しいこと、自分が読みたい本はカラーのものはあまりないため、白黒表示だけで問題ないことから、何かのタイミングでPaperwhiteを買いたいと思っていたのですが、「人生がときめく片づけの魔法」に触発されて家のものを大量処分している際、ブックオフで中古で売られているのを目にし、不要品処分の売上を利用して思わず買ってしまいました。

2013年モデルを5,500円くらいで入手しましたが、最新モデル(2015年モデル16,280円)から1万円以上安く、発売当初価格(9,980円)から見ても半値近い金額。ヤフオク相場からみてもやや安めの金額で、ラッキーでした。

キャンペーン情報つき版となし版の2種類があり、情報つき版は電源ON時に広告が表示されるとのこと。私が購入したのは幸い情報なし版(中古なので店頭で店員さんに確認)。快適な読書のためには、煩わしい広告表示がないのは重要です。

さて、Kindle Paperwhiteが素晴らしいのは、適度な大きさと見事な軽さ、そしてバッテリーの持ちの3点。

まず手にしてみて驚くのが軽さ。iPhone 6sが約140g、Kindle Paperwhiteは約200gですが、大きさがある分ほぼ同じような重さに感じます。200gはちょっと集めの文庫本1冊に相当、iPad Pro 9.7インチの約450gの半分以下。持ち運びにはまったく苦労しませんし、iPadのように「落としたらどうしよう」と思うような重さでもありません。背面がラバーっぽい質感なのも、「落としそう」という不安感を払拭してくれてます。

Kindle Paperwhite 2013(back)

大きさについても、男性なら片手にすっぽり入るでしょう。女性でも無理なく持てると思います。

バッテリーに関しては、公称ではWiFiオフの1日30分の使用で8週間、なので28時間。私はずっとWiFiオンですが、1月の購入以降、書籍4冊(ビジネス書なので1冊2時間ぐらい)読了し、まだ半分残っています。iPadと比較しても驚きの持続時間。3G版ではさすがにもっと短くなるようですが、WiFi版のバッテリーの持ちは素晴らしいですね。

画面の文字は「ものすごく読みやすい」というわけではありませんが、「読みにくい」と感じることはありません。雑誌等、イメージ化されている電子書籍では文字の大きさを変更できず、厳しい場面もありますが、こういったものはカラーの場合がほとんどなので、iPadかiPhoneで拡大しつつ読むようにしています。Paperwhiteも拡大自体はダブルタップで可能ですが、拡大後の移動が滑らかでなく、ひっかかりを感じます。

画面の切替(ページめくり)はサクサクとはいきませんが、これも可もなく不可もなく。

ソフトウェア的な機能はいろいろありますが、特に気に入っているのがハイライト機能。

Kindle ハイライト

読んでいて気になった箇所を指で選択するとハイライトを引くことができ、これを一覧表示できるので、読了後にレビューを書く際に活躍してくれそうです。通勤や出張のバス・電車の中で読むことが多いので、蛍光ペンや付箋なしにハイライトを引けるのはとても便利。ただ、ハード性能もあるのでしょうが、このハイライトを引くときに処理にもたつきがあるのが玉に瑕。きっと最新モデルだと処理が早いのでしょうね。英語書籍では、辞書機能はもちろん、辞書で調べた単語を自動的に単語帳にまとめてくれる機能も重宝します。

うれしい特典として、Kindleオーナーズライブラリに収録されている数千冊の書籍から、好きなものを毎月1冊無料で読むことができます。毎月1冊読むとしても年間12冊、1冊1,000円として12,000円ですから、これだけでもあっという間に元がとれる計算です。読書好きなら Paperwhite(や上位機種のvoyage)買わないのは、はっきり言って損です。さらに、最近は50%オフや99%オフといったセールも乱発されていて、もういつ買ったらよいのかわからないような、読み手としてはうれしい悲鳴をあげたい状況です。。

なお、いったん表示すると電力をほぼ使わないeインクであるという自信からか、読書中断時に電源ボタンを押すと、スクリーンセーバのようなものが表示されます。この画像があまりイケてないんだよなぁ…

image

Kindleに関する全般的な情報は、ごりゅごさんの「Kindleまとめ」が詳しいので、ご参考になさってください。

新年早々、いい買い物でした。

1月 13 2016

禅語百話

禅語百話

後輩が読んでいたのをフェイスブックで見て興味が湧き、紀伊国屋のKinoppyにて購入。後で知ったがKindleにもあるので、どちらで購入されてもよいだろう。
昨年より、会社からの帰宅時に一日一話ずつ読み続けて、本日読了。元々はラジオ法話として、やはり一日一話放送していたのを書籍に起こしたものなので、毎日読む読み物として一話ずつというのはちょうどよい分量。
著者の佐藤氏は山形県の宝泉寺ご住職だったこともあり、東北つながりで妙な親近感を覚えてしまった。
仏教の考えをもとに、優しく、時に厳しく語りかけてくる内容で、読むたびにスッとした気持ちよさがある。
仏教ではこちらの世界を此岸、悟りの世界を彼岸としていることについて「「暑さ寒さも彼岸まで」といわれる春秋の最良の季節に〝彼岸〟を設けた祖先の叡智はまことに素晴らしいものでありますし、この祖先の教えを無駄にしないよう修養にはげむことが肝要であります。」と言われると、普段そんなことを考えもしなかった自分の不明に恥じ入り、物事をよく考え、先人の教えや智慧をたいせつにしようと、自然と気が引き締まる。

1月 12 2016

2016年 今年もよろしくお願いします。


少しは更新頻度あげられるようにします…

古い記事へ «