5月 21 2015

幸田文しつけ帖

以前どこかで「幸田露伴の一番の作品は幸田文」と聞いた記憶があり、ずっと気になっていた幸田文の作品集。文の長女、青木玉の編。

亡き父露伴のしつけに関する思い出を引き合いに出しつつ、日常の悲喜こもごもが、どこかユーモアを感じさせつつ綴られいく。文章全体が慈愛にあふれ、リズミカルで美しい。

障子張りの糊として生麩を煮たのが固く、水を入れてなんとかしようとして失敗し、叱られる場面。

「余計な自分料簡を出してサルをやったのは、孔子様のおっしゃった退いて学ぶに如かずという訓えを蔑ろにするものだ」というのだから大変だ。父に訊かずにものをして、それがへまだった場合、大抵孔子様は千貫の盤石になって私の上へのっかっていじめる。(中略)父は孔子様をえらい方だと敬語をつかっていうが、私には孔子より父の方が絶対である。その「絶対」が、えらい孔子様をしょって頭の上へ落ちてくるのだからたまらない。(p.59)

自身の子供の頃を振り返りつつ、家庭での教えについて曰く。

小学校にあがれば、学校教育がはじまります。学校は学科ごとの知識を教え、加えてくれます。(中略)どうもうまく言えませんが、つまり、なにもないところへ知徳を加えるというか、つづめていえば”プラスする教育”とでもいいましょうか。それに対してうちの中の教えは、出来の悪い部分を救ってやり、弱いところを養ってやる教えがよいように思うのです。(p.200)

この後に続く、父の「出来の悪い部分を救ってやり、弱いところを養ってやる教え」の具体例がじいんと染みるので、興味があればぜひお読みいただきたい。

文章自体も素晴らしいが、内容も「生きているというのはこんなに素晴らしく、美しいことなのだな」と元気が出るものが多い。青木玉編でほかにもシリーズがあるので、年一冊ぐらいのペースで引き続き読んでいこうと思う。

5月 20 2015

ボクには世界がこう見えていた 統合失調症闘病記

統合失調症にかかってしまった著者が、発症時に「世界がどう見えていたか」を含め、病気に関すること、日常的なことや恋愛等、自らの人生を綴った作品。筆者は有名大学出身で、誰もが知る有名アニメの制作に関わっていた方。描写の細かさが尋常ではなく、強烈な精神病体験の中、これほどまでに自分のことを客観的に見て、詳細に記述できるものかと驚かされる。

社会のあり方について真剣に考え、それゆえに悩み、時には啓示のようなものを受け取ったりもする筆者。その意見や考えた方への賛否は読者によって様々だろうが、ろくに選挙にも行かない自称健常者の平均値より、精神の病はあっても筆者の方がよほど「社会人(社会に生きる人間)としてまっとうに生きていると感じる。

日本中を騒がした連続幼女誘拐殺人事件についての筆者の意見について、まさに私も同じ意見であり、興味深い記述でもあったので引用しておく。

裁判が行われなかったのだとしたら、その理由は精神鑑定で”責任能力なし”と判断されたことにほかなるまい。だとしたらそれを大きく報じて、”心神喪失者の行為は、罰しない”という刑法三九条を見直そうという世論が高まってほしかった。僕はありていに言えば「キチガイは人殺ししても罪にならない」というこの法律を一刻でも早く改正してほしいと思っている。何度も言うようだが、こんな法律があるからいつまで経っても精神障害者が白い目で見られるのだ。これは言うなれば、精神障害者は法律に基づいた社会生活を営む権利はないという差別である。どんな残虐な犯罪者だって正当な裁判を受けられるというのに、精神障害者には裁判を受ける権利さえないとは一体どういうことなのだ。(pp.307-308)

5月 10 2015

火伏せの虎舞

今年の連休は早めに休みをとり、毎年4月29日に行われている地元の祭り「火伏せの虎舞」を観ることができました。

下の動画は、はじめお囃子のみで、1:30すぎから舞が始まります。

娘は最初怖がっていたものの、妻から「しまじろうと同じトラさんだね」と言われてちょっと気を取り直し、「トラ怖くない!全然怖くない!」と強がっていました。

「やっぱり怖いのかな?」と思いきや、無病息災の祈りを込めて虎に頭をパクッと噛んでもらうときにも全然泣かず、克服したようです。

toramai

それどころか、夜には虎舞の真似をして踊りだす始末。寝虎まで真似して、なかなかのものでした。

来年も仕事をうまく進めて、みなで参加できるようにしたいものです。

4月 08 2015

紙用マッキー

image

個人的に昨年新たに購入した文具の中で、継続使用率No.1がこの「紙用マッキー」。

安価で、発色もよく、紙用だけあって品質のあまりよろしくない再生紙でもにじみにくい。

軸の印刷が一部はがれやすく、ペンケースの中が白い粉まみれになったことがあるので、次の写真のように金属製定規であらかじめ削って使用しています。

image

1月 26 2015

ひと声かければ5分で片づく! 子どものお片づけ

「子どもがなかなか片付けしてくれない!」というのは、おそらく古今東西、子を持つ親の常の悩みだろう。

本書はそんな子どもたちに、いかにしてお片付けをしてもらうか、そのコツを実践的に解説している。片付けやすい仕組みをいかに作るか、頑張りすぎずに8割できれば上出来、子どもの立場になって声をかける、といった内容。

子どもだけでなく、親としても「こうやって片付ければ、片付けしやすいよね」という納得の内容だが、至る所に散りばめられた、文末の「(笑)」が鼻につく。と言っても、たしかに親のほうがまともに片付けできていないのに、子どもにばかり求めても、ねぇ(笑)

1月 26 2015

ネイマール: 父の教え、僕の生きかた

昨年ブラジルで開催されたワールドカップでは、惜しくも怪我によって戦線離脱を余儀なくされたネイマール・ジュニア。本書は彼と、父ネイマールが交互に著述する形式で、親子が手を取り合ってサッカーと人生に立ち向かっていく様を綴っている。

自身もサッカー選手でありながら、怪我や事故にさいなまれて選手生活にピリオドを打ち、どんな仕事をしてでも家族のために尽くす父。そんな父への尊敬の想いを力に変え、成長していくジュニアの姿。交互に述懐される二人の言葉に、読んでいるこちらも一喜一憂してしまう。

親子で力をあわせて何かを成し遂げていくことの素晴らしさに感動する一冊。

ネイマール父子には及ばずとも、自分もこんなふうに、絆の強い親子になりたいものである。

古い記事へ «